かまくらの作り方!自然を利用して春まで残るかまくら造り。

奥様の実家、秋田県にやってきました。

冬の秋田は当然ながら、雪だらけ。

もちろんやります、かまくら造り!

 

雪がふんだんにある地方での、かまくら。

雪がふんだんにない地方の私ぼっくりが、帰省のたびに挑戦した「かまくら造りの極意」を披露します!

 

 

極めてはいない。

すでにお気付きでしょう。

「帰省のたびに挑戦したくらいじゃ、大したことないやん!」という点に。

その通り。

ただ、もちろん秋田県の両親のもとで作るわけで、ちょいちょいとアドバイスを受けながら作っているわけです。

だから、あながちテキトーな作り方ではないので、そこんところご安心を。

では…とにかく始めましょう!

 

ひとまず雪山をつくる。

ひとまず雪をあつめて山にしましょう。

そうしないと始まらない。

たくさん集めてもいいし、ほどほどでもいい。

せっかく北国でかまくらを作るなら、雪かきの必要なところから集めてきましょうね。

たとえばガレージから車道までの、車の通り道にある雪。

玄関まわりの、出入りするときにジャマになる雪。

屋根からすべり落ちてきた、家のぐるりに高く積み上がった雪。

こういう、雪かきの必要なところから雪をあつめると、喜ばれますね。

もちろん屋根からの雪崩や、雪で見えなくなっている側溝などには気をつけて!

 

かまくらを作る位置ですが、今後もし大きくしたくなった時にもスペースが確保でき、かつジャマにならないところにしましょう。

 

穴を掘る。

あつめた雪を山にしたら、そこそこに固めます。

あまり固めすぎると掘れないので、かるく周囲をスコップでぱんぱんと叩く程度に。

そして、ここ重要。

入り口の向きです。

出入りしやすい向きに掘ればいいのですが、もうひとつポイントは「大陸からの寒気を背にして」入り口の向きを決めること。

ロシアから寒気がくるとして、冬はだいたいその方向から風と雪が降るわけです。

もしそちらに入り口が開口していたら、中に雪が降り込みます。

放置していると、入り口がふさがります。

逆に入り口をロシアの反対側にしておくと、ずっと雪を背で受け止められ、降るごとにかまくらを大きくできます。

だからつまり入り口は、出入りしやすい向きを優先しつつ、ロシアなど大陸側の反対にするのがベストです。

 

壁にはかなり厚みを残しながら掘る。

入り口が決まったら、そこからスコップなどで掘り進めます。

注意点は、あまり掘りすぎて壁を薄くしないこと。

大きく深く掘りたい場合は、それだけの雪の量が必要です。

壁の外側にたくさん雪を盛り、厚みに余裕をもたせて掘りましょう。

そして掘った雪はもちろん、かまくらの外側にどんどん盛ります。

なぜそんなに厚みに余裕をもたせる必要があるのか。

それは、夜の低温を利用するために、夕方ごろ雪壁にかるく水をかけるからです。

 

水をかけて夜に凍らせる。

かまくらを拡大するには、それなりの強度が必要です。

そのために雪壁には厚みが必要で、かつ凍らせるのがベスト。

夜の低温を利用して凍らせるために、夕方ごろにかるく水をかけます。

もちろん溶けるほどかけてはいけません!

雪を締まらせる程度に、かるくシャッと全体にかけておきます。

ここで崩れてしまわないように、雪壁にそれなりの厚さを残しておく必要があったんでぇーっす。

朝は凍って締まったかまくらで、毎日こどもパーティーですよ。

かまくらの中でいくら騒がれても、外までぜんぜん響かないので良いのです。笑

作りはじめて2日目のかまくらで、このサイズになります。

子供6人が余裕で入れる。

 

ここで終えてもいいんですが、いやいや。

ふだん雪のない地域に住んでいる私たち、雪には貪欲ですよ。笑

もう日程のゆるす限り、毎日デカくしていきます!

 

積む→掘る→夜に凍らせる、のくりかえし。

さて、これを帰省の期間がゆるすかぎり、毎日くりかえします。

掘る→積む→凍らせる。 掘る→積む→凍らせる。 掘る…

 

当然ながら、くりかえすだけ大きくなります。

北国の1~2月なら、毎日雪が降ることも多いでしょう。

それなりに大きくなったら、積む作業はストップします。

もうあとは勝手に降り積もって大きくなってくれますから。

だんだん、掘るだけでよくなります。

 

春まで残る?

お正月の帰省で作ったかまくらが、毎年春の4月まで残ってくれています。

まあ、春に確認したわけじゃないんですが、奥様の両親が画像を送ってくれるんですね。

「まだ残ってるよ!」というのを。

 

だからどうだってんだ!という話ですが、うれしいですよね。

Google Earthとかに、そこだけ雪が残ってる映像が見られないかな?笑

いやほんと、だから何か起こるというわけではなく、なんか嬉しいよねって話です。

 

最長で5月まで残っていた年がありました。

いやはや恐るべし秋田の寒さ。

コロナで2年間は帰れなかったけども、帰省できた今年はもちろん挑戦しましたよ。

うーん…入り口の向きがチガーウ!!

これは…春には入り口が完全閉鎖になってるはず。笑

 

そんなこんなの、春まで残る巨大かまくら造り。

雪のたくさんある地域に行けるなら、ぜひ一度は挑戦してみてくださいね☆

 

 

シェアする