幸せの基準とは一体なに?日本人の幸福度は世界で下位。

幸せって何でしょう。

いい学校に行き、大企業に就職し、いい人と結婚し、子供を授かり、いいものを食べ、いい服を着て、欲しいものをなんでも買い、いい車に乗り、いい家に住む。

幸せって、こういうことですか?

 

でもこれこそが、幸福度を下げている原因なのです。

 

 

日本はいつも50位以下。

日本人こそ、型にはまった幸せを求めがちなところがあります。

人生を削り、一般的にいわれる幸せを追い求めて苦しんでいる。

人生そのものである「時間」の大部分を、仕事に費やして。

 

幸せを求めて苦しんでいるんです、なんか変ですよね。

それが世界からみた日本人の幸せなんだそうです。

 

世界には幸福度ランキングなるものが存在し、幸福度の判断基準が決められています。

「誰がそんなもん決めるんだよ」って正直おもいますけどね。笑

そのランキングでいうと、上位常連はフィンランド・デンマーク・スイスあたりの北欧の国々がランクインしています。

 

けれども、これとは別に「世界一幸福な国」といわれている国があります。

ブータン王国です。

 

息をしているかぎり希望はある。

ブータン王国がなぜ、世界一幸福な国といわれるのか。

それは、幸せの基準を上げないからです。

 

「息をしているかぎり希望はある」という考えをもち、もう生きてるだけで幸せじゃないか!という位置に幸せの基準を置いている。

つまり、生きていて起こることはすべて幸福というわけ。

さらに「本当に大切なものは形をもたない」という考えもあり、モノやお金に支配されない価値観をもっているのです。

すばらしい。

内にある「心」にこそ価値を置いてるんだから。

 

日本人の幸福度が低い理由。

幸福度ランキングにおいて日本の順位が低い理由は「人生の自由度」と「他社への寛容さ」の項目で低ポイントだからだそうだ。

それはほんと、痛いところ突かれたなぁと。

おっしゃるとおりです…って感じ。

 

小学校、中学校、高校、大学とすすみ、就職、結婚、出産。

果ては定年退職までずーっとレールのように生き方が決まっていて。

このレールから外れると、幸せになれないみたいな呪縛。

なにか失敗をしたら晒し者にし総出でバッシングをしたり。

たしかに下位なのにも納得がいってしまうのです。

 

そんな日本で幸せになるためには。

それはつまり、幸せのハードルを下げればよいのです。

いい学校に行き、大企業に就職し、いい人と結婚し、子供を授かり、いいものを食べ、いい服を着て、欲しいものをなんでも買い、いい車に乗り、いい家に住む。

いやそれ以前に、生を受けたことそのものが最大の幸せでしょ?

生きてることそのものがプレゼント。

価値をおくポイントを、他人から見た視点・モノやカネなどにおくのをやめ、「心」におくこと。

 

小さなことでも「しあわせだなぁ」と感じられる心を育てることなのかなぁーと思います。

きっとそうして生きてたら、人生ぜったい好転しますよね。

ちょっと私ぼっくりも、そうやって生きてみようと思った、2022年の元旦でした。

 

 

シェアする