ブログが伸びない原因は、自分の書きたい事を書いてるから。

ブログを書いても書いても、アクセスが伸びない…

アクセスも伸びなければ、収益も上がらない…

ブログは継続すれば伸びると聞いていたのに…

どうして?

 

それは、書きたいことを書いているから。

でも大丈夫です。

この記事を読むことで、読者の求める記事を書けるようになり、読まれるようになり、結果的にブログが伸びるようになります。

それでは早速はじめましょう!

 

続けるだけでは伸びません。

僕ぼっくりはこのブログで、継続の重要性についてしつこく書いています。

いやぁー、我ながらしつこい。笑

ブログは記事を書いてナンボで、成功のポイントは記事を書き続ける「継続」にあることは間違いないんです。

…が。

継続だけでは、ブログは伸びません。

 

その記事のひとつひとつが、きちんとアクセスを集めて読まれている必要があるからです。

その結果ひとつひとつの集合体が「ブログが伸びている」という状態。

 

「自分のブログがなぜ伸びないのか?」

の最強の解決策は、「読者の求めているコトを書く」です。

 

思考や発想が自分軸になっている。

ブログが伸びない原因はこれ、

思考や発想が自分軸になっていて、だから文章も自分軸になっている。

これです。

 

なんか自分軸がとても悪いことのように言いましたが、これは自然なことでして。

だって喋っているときも、書いているときも、自分目線で言葉を発するのが普通じゃないですか?

僕も普段はそうです。

でもブログでは、それが伸びない原因になる。

 

ブログのアクセスというのは、続けていくほどにGoogleからの検索流入がほとんどになります。

ブログ初期はほとんどありませんが、1年以上続けていると8~9割を占めてきます。

読者は検索からやってくるんですね。

で、なぜ読者は検索しているか。

それは、何かを知りたいからです。

 

あなたもそうじゃないですか?

なにか調べたいときに検索しますよね。

読者もそうなのです。

 

その読者の調べたいことに答えてあげるのが、ブログの役目なんです。

 

だから調べたいことがあってブログにたどりついた読者が、自分語りの文章を目にしたら…

当然ですが、戻るボタンを押します。笑

答えがほしくて調べてるんだから、関係ないものを読んでるヒマはないのです。

そして、そのようにすぐ離脱されるページをGoogleも評価しませんし、検索結果の下位に押しやられ、さらに読まれない。

ブログにおいて自分語りは、価値が低いのです。

(後述しますが、価値はゼロではないです。)

 

「自分語り」ほどでなくても、筆者の書きたいことを書くのも同様です。

読者はあなたの書きたいことを求めてやってくるのではなく、知りたいことの答えを求めてやってきます。

つまりWebの世界では、あなたの書きたいことを書いた文章は求められていません。

それはブログが伸びないことで見てとれるはずです。

 

なぜGoogleグーグル連呼しているかは、このページを参考にしてください。

 

次が、核心です。

 

他人軸のカギは「キーワード」。

じゃあどうやったら他人軸で記事を書けるのか?

それを握っているのが「キーワード」です。

Google検索で、読者がどのようなワードで検索しているか。

そしてそのワードで検索している読者の「意図」はなにか。

 

読者に検索されているキーワードを知り、その意図を読みとり、それに答える記事を書く。

読まれるブログの作り方です。

「読まれる」が積み重なって、伸びるブログになっていきます。

キーワードというのは、もうすでに目に見えている読者のニーズ。

便利な世の中ですよね、需要が目に見えるなんて。

 

で、キーワードだけを見ていては、まだまだです。

重要なのはその先の、読者の「意図」ですよ。

その意図はキーワードのように目に見えませんので、推測する必要があります。

記事は、その推測した意図に対して書きます。

いわば「お悩み相談」のようなものですね。

 

ネタ切れは、ありません。

読者の検索しているキーワードを調べるには、キーワード調査ツールを使います。

私はラッコキーワードというツールを無料で使っています。

無料っていいですよね。笑

さらに機能を充実させた有料プランもありますが、そこはご自身の判断でどうぞ。

 

たとえば、「ブログ」について検索されてるキーワード一覧を見てみましょう。

917パターンのキーワードが出てきました。

これが「ブログ」に関する読者のニーズです。

これのひとつひとつについて、読者の意図を推測して、記事を書いていくわけです。

ネタ切れ、ありえますか?笑

 

ネタが切れたのではなくて、書けるほどに知識がなかっただけ、ということになりますね。

知識は勉強して積み上げましょう。

ネタ切れというのは、ありえないんです。

キーワードは無限といえるほどありますから。

 

自分らしさは、さりげなく添えるだけ。

すこし前にチラッと「お悩み相談」と書きましたが。

ブログには、お悩み相談のような性質があります。

で、検索意図に対して答えるのが重要とも書きました。

これを愚直にやりすぎると…

質問に対して答えるだけの、AIの自動回答のような無機質な記事になります。笑

 

そうならないように、くだけた表現をしたり、あなたの経験談をまじえたり、意見をにじませたりする。

あなたの人となりを匂わせる。

本質としては質問回答なのですが、無機質にならないように工夫するんです。

それが書き手の腕のみせどころでもあり、執筆の楽しさでもありますね。

 

記事の最初のほうでは、あくまで読者のニーズに応える内容しか書きません。

ただ読み進めるにつれて、書きたいことも少しずつ添えていく。

バランス的には、ニーズ回答と書きたいことが8:2くらいの割合が良いかなと思います。

 

ちゃんと効果測定をすること。

大事なのはキーワードの先にある読者の「意図」なわけで。

これは正確にはわかりませんし、あくまで推測することしかできません。

だから、自分の読んだ検索意図があっているか、またその答えとして求められていたものを書けているか、効果測定が必要です。

 

狙ったキーワードに対して、自分の書いた記事の検索表示順位はどうなっているか。

改善の余地はあるか。

その改善をつづける工程が「リライト」です。

 

リライトの工程までココですべて解説すると長くなるので、こちらの記事を参考にしてください。

書いてから3ヶ月あけて効果測定し、読者の検索意図に寄せていく。

磨きあげていくイメージですね。

これを重ねることによって、ブログは伸びていきます。

 

他人軸思考を身につけて、続けるだけ。

この他人軸思考を根っこにおいていれば、読まれる記事を書けるようになり、ブログが伸びます。

そしてやっと「継続」というものが光りはじめるんですね。

他人軸で当たり前に書けるようになり、読まれる記事を量産することができ、右肩上がりのブログになる。

 

記事の質をあげるノウハウはたくさんありますが、「質」の部分の根底はこの「他人軸」であることを認知しておいてください。

それにより、継続するだけでブログが伸びていく。

「とにかくブログ書け!」みたいな言葉が、成果をつれてきてくれるようになります。

 

 

タイトルとURLをコピーしました