検索エンジン=Google検索と考えてよい。SEOの基礎知識。

わからないことがあったとき「ググれ!」という言葉を耳にすること、ありますよね。

自分で調べろ!という意味ではありますが、もうすこし丁寧にいうと「Google検索で調べましょう」ということです。

それくらい日常に溶け込んだ存在のWEB検索、そして数ある検索エンジンのなかで最も選ばれているGoogle検索。

 

検索エンジンとはどういうものなのか、分かりやすく解説します。

 

なぜ検索エンジンといえばGoogleなのか。

検索エンジン、一度は使ったことがあるでしょう。

調べたいワードを検索窓に入力して、実行。

すると、たくさんの情報への見出しが並んだページに着きます。

いわゆる、ウェブサイトの目次のようなもの。

 

世界にはいろんな検索エンジンがあります。

Google以外にも、Yahoo、Bing、Edge、NAVER、Baidu…

もう無数にありますが、利用者のシェアはこうです。

えげつないほどダントツのシェアをとっているのがGoogle検索。

そのシェアなんと9割以上。

もはや「検索エンジン=Google検索」なのです!

 

検索エンジンの仕組みってどうなってる?

検索エンジン、どうやってそのページにサイトが並べられているのか。

それは「クロール → インデックス → ランキング」という順で行われています。

 

クロール

クロールとは、検索エンジンがまずウェブサイトやウェブページを見つける作業のこと。

これはGoogleのロボットがインターネット上を自動で巡回しており、ウェブサイト側はとくになにもする必要がありません。

すこし知識があってサーチコンソールを使用している人は、サイトマップの送信をしておくと、クローリングしてもらいやすくなります。

サイトやブログの制作にWordPressを使用している場合、Google XML Sitemapsというプラグインを使うとでサイトマップ送信を自動化できます。

これらの施策により、Googleがあなたのサイトを見つけてくれて、検索エンジンの検索結果として掲載されることになります。

できる人は設定しておくと良いと思います。

 

インデックス

検索エンジンの検索結果に載ることを、インデックスといいます。

インデックスを直訳すると「もくじ」ですが、クローリングされて問題点のなかったサイトはインデックスされます。

クオリティの低いサイトや、ほぼ完全に既存のサイト内容と重複するようなサイトは、インデックスされない可能性があります。

われわれ書く側・作る側、がんばりましょう。

 

ランキング

ユーザーの検索意図に対し、より的確な解答をもっているサイトを、順位付けして表示されます。

その順位付けが、検索エンジンのランキングです。

ランキングには指標がたくさんあり、100をこえると言われています。

…が、その指標は公開されていません。

 

公開されるのは、その根本的思想のみ。

「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」

…めちゃくちゃ抽象的。笑

 

Googleはランキング指標を定期的にみなおし、アルゴリズムをアップデートしています。

どうすればランキング上位にあなたのサイトを表示できるかは、常に変化しているのです。

だから正直その詳細までを追いかけるのは、副業レベルのブログ運営などではちょっと難しい。

SEOの専門家でも難しいんですから。

だからある程度の定番の施策だけはしておいて、あとはやはりコンテンツの内容を磨くべきだということですね。

↑このあたりの基本の施策だけ覚えておけば、あとはユーザーのみに焦点を絞って… 笑

 

近年は検索結果に「権威性」というものが重視され、企業サイトや公式サイトなどが上位を占めるようになりました。

サイトテーマをよく考えて運営をしなければ、個人ブログなどの弱小サイトに活路は見出せません。

 

われわれ個人、弱い側。

甘くはないです、がんばりましょう。笑

 

SEOとは。

ここまで、検索エンジンについてカンタンに解説してきました。

検索エンジンにクロールされインデックスされて、ランキングされる。

そのランクが上位であればあるほど、検索エンジンからのアクセス流入が多く見込めます。

アクセスが多いと、多くの収益を得られる可能性も高まります。

だから検索ランキング上位をねらって、たくさんのサイトが施策を行っているんですね。

 

それがSEOです。

Search Engine Optimizationの略で、訳すと「検索エンジン最適化」です。

検索エンジンからのアクセス流入は膨大で、月間100万アクセス以上におよぶキーワードもたくさん存在します。

そこにはたくさんの大企業や専門家がしのぎを削っているので、私たち個人はそういった激戦区では戦えません。

企業の見落とす、企業の攻められない、企業には攻める意味のないニッチなキーワードで、記事をコツコツ積み上げて強い個人サイトを作っていきましょう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました