ブログで日記を書いてもいいの?収益化したい場合はNG。

「ブログで日記を書いていいの?」

という問いには、もう答えが出ています。

 

ブログを収益化しないなら、YESです。

ブログを収益化したいなら、NOです。

 

ここを解説します。

 

 

ブログを収益化しないなら日記もOK。

べつにブログ収入を求めていないなら、日記を書いてもまったく問題ありません。

書きたいことを、思いっきり書いたらいいと思います。

あ、もちろん「人を傷つける内容以外ならOK」です。

どんな発信であれ、現在はこのあたりシビアに考えておいた方がいいですよ。

 

収益を狙ってないので、はてなブログやアメブロのような無料ブログサービスなどで十分。

身近な友人や趣味友との交流にはとても良いですし、なにも毎日長文を書く必要もないので、気軽にやっていきましょう。

 

ただ、あなたが芸能人でもない限り、あなたの日記を見たいという需要は限定的です。

アクセスをたくさん集める、たくさん見てもらって影響力をもつような目標はかなり厳しいと思います。

 

ブログを収益化したいなら日記はNG。

ブログで収益を得ていこうと思っているなら、日記はやめておいた方がいいです。

短文もダメ。

ちゃんと1記事ごとに伝えたいテーマを決め、読者の需要にこたえる内容になっていないといけません。

書きたいことを書けないこともあります。

 

無料ブログサービスでは勝手に広告が挿入されてしまうので、収益は見込めません。

おのずとWordPressでブログ運営をしていくことになります。

あとでブログを移行するのはかなり大変なので、すこしでも収益化したいと思っているなら最初からWordPressを導入しておきましょう。

 

書きたいことを自由に書いたり日記などの内容のうすい記事を書いてしまったら、検索エンジン最大手Googleからの評価を落とすだけで、メリットはありません。

そして日記から収益が生まれることもありません。

日記を書いたけど検索エンジンからの評価を落としたくない場合は、その記事に「noindex」というmetaタグをつけて検索エンジンにインデックスさせないように処理しないといけません。

面倒ですので、収益化したいブログと日記ブログは分けておきましょう。

 

日記を書かなければアクセスは集められる。

どうしても日記を公開しないといけない理由なんてありません。

そして一般人であるあなたの日記を見たい人も、めちゃくちゃ少ないわけです。

そこに個人を特定できる情報や画像映像、行動記録をしていくことで、ストーカーや悪質ないたずらに遭う可能性すらでてきます。

あなたの日常をつぶさに見たい人というのは、身近な人と変な人以外、ほとんどいないのです。

身近な人には日記を見せなくても直接交流があるので、けっきょく変な人の需要にだけこたえてしまう状況になります。笑

ブログで日記。

もうこんな時代ですので、やめておいたほうがいいでしょう。

 

逆にいうと、日記でなければ公開する意義はあります。

自分語りは少なめに、読者の知りたい情報を書けばよいのです。

その内容によって需要が大きかったり小さかったり差はありますが、誰かの役にたつ情報になっていればOK。

この視点を発展させると、たとえば日記調のブログでもジャンルやテーマをしぼって発信し、誰かおなじ属性のひとに刺さる内容になっていれば、そこには需要があります。

書きたいことを自由に書きたい場合、ブログジャンル・カテゴリー・テーマなどを1つにしぼって運営するのはアリですね。

 

収益化したい場合はそれなりのアクセス数が必要で、そのためには検索エンジンからのアクセス流入が必要です。

そのためには読者の検索需要にこたえる文章を書く必要があり、それは日記ではないということです。

「ブログで日記を書いてはいけない!」わけじゃないんですが、「収益化したい場合はNGだよ。」ということです。

 

 

シェアする