検索上位表示ためのシンプルな方法。価値ある記事が大前提!

検索エンジンで上位表示されると、大きなアクセスが集まりやすい。

SEOに取り組んでいる方は、いつも悩みながら施策をしていることと思います。

そんな検索ランキングですが、表示順位を上げるための方法はとてもシンプル。

誰にでもできる基本的なことなので、試してみてください。

 

 

まずはキーワード選定。

なによりまずはキーワード選定です。

どのキーワードを狙えば、上位表示されたときに大きなアクセスが集まるか。

そして購買行動に即つながるキーワードになっているか。

 

キーワード選定には、アクセスボリューム予測の無料ツール「aramakijake.jp」が良いでしょう。

aramakijake.jp

 

たとえば「ワイヤレスイヤホン ペアリング」というワードの場合。

月間推定アクセス数は384です。

上位表示されたとしても、さほどの売上は期待できないスモールワード(ロングテールキーワード)ですね。

そしてなにより読者に推測できるニーズは…

「ワイヤレスイヤホンを買ったけどペアリングがうまくいかない。不良品?故障?それとも方法が間違ってる?」

というものだと思います。

これだと、すでに読者はワイヤレスイヤホンを持っている可能性が高いですよね。

このキーワードでたとえ上位表示されたとしても、購買にはつながらないのです。

 

では、たとえば「ワイヤレスイヤホン おすすめ」というワードの場合。

月間推定アクセス数は108000です。

ここまで大きなビッグワードだと、大企業が多くの資金を投下して攻めまくっています。

即購入につながるような強力なワードだからですね。

個人ブログ程度では勝ち目はありません。

 

それなら、たとえば「ワイヤレスイヤホン 比較」というワードはどうでしょう。

月間推定アクセス数は1520のミドルワードです。

上位表示された場合、月間でおそらく数万円を生むでしょう。

推測できる読者ニーズは…

「ワイヤレスイヤホンを欲しいけど、どれが良いんだろう。」

というものだと思います。

このワードの良いところは、商品を比較検討したあとに購買行動が見込めるところ。

しかも大企業サイトほど他社製品を悪くは書けないので、個人ブログが書くべき領域なのです。

 

参考:読まれる記事タイトルの付け方

参考:SEO対策の基本

 

売るための記事を書く。

商品の良し悪しを正直にストレートに書けるのが個人ブログの強み。

また多くのメーカーや機種をまたいで比較記事が書けるのもまた強みです。

比較したうえで「このワイヤレスイヤホンがおすすめ!」の流れをつくることで、月間108000アクセスのビッグワードのように、即購買につながる記事に仕立てられます。

 

最終的に売りたい商品は、あなたが実際に使っているイヤホンか、またはAmazon売上ランキング1位!などの実績がある商品がよいでしょう。

なぜなら、実績のある商品は生産体制がしっかりしていて品切れを起こしにくく(品切れしてたら1位はとれない)、広告のリンク切れの心配が少ないから。

そして読者目線でも、実績ある商品なら信頼して買いやすい。

実際に使っているイヤホンなら、使ってる本人なので熱量もって書きやすいし言葉も信用されやすい。

比較商品が多すぎると迷わせてしまうので3~5つくらいに絞り、商品を比較したうえで「コレがいちばんオススメ!」というのを押し出しておきましょう。

読者は、はっきりと背中を押されないとなかなか購買には至りません。

また他のブログへ比較記事を見に行ってしまいます。

クロージングは大事です。

 

関連する記事をリンクする。

「ワイヤレスイヤホン 比較」というキーワードを狙って1記事書いたところで、よっぽど濃い濃すぎるほどの内容になっていない限り、いきなり検索上位に食い込むことはできません。

そこで、サジェストワード(関連語句)にもこたえる記事を量産し、親記事とした「ワイヤレスイヤホン 比較」ページへとリンクさせるのです。

たとえば、

「ワイヤレスイヤホン コスパ」9680

「ワイヤレスイヤホン 寿命」112

「ワイヤレスイヤホン 選び方」800

「ワイヤレスイヤホン 高音質」2880

「ワイヤレスイヤホン 通話」3520

などのワード(語尾の数字は月間推定アクセス数)で記事を書き、親記事である「ワイヤレスイヤホン 比較」にリンクします。

これにより、サジェストワードの子記事であつめたアクセスを、最終的に親記事に集約させていくサイト設計になるのです。

 

サジェストワードのリサーチには、無料ツール「ラッコキーワード」が良いでしょう。

ラッコキーワード

 

最初に「ワイヤレスイヤホン 比較」で収益をねらったページが、アクセス増加とともにページ評価が上がり検索順位も上がっていきます。

さらに読み込まれて滞在時間の長いページになるようリライトし、文章や構成を磨き込んでいくことで、SEO効果は増して検索上位表示へとつながっていくのです。

結果として、大きな収益を生むブログへと進化していけるでしょう。

 

価値ある記事がもっとも大事!

前提として、なにより記事の価値が大事です。

読者にとって役に立つ内容になっていることが大前提なのです。

独りよがりになっていないか何度も見直し、またアクセスの集まっているページの要因をさぐって他のページにも応用したり、上位表示されている他サイトから学んだりと、より価値あるページへと磨き上げていくことが重要。

何度も言いますが、なにより価値ある記事であることがもっとも大事です。

 

文中でポロッと書きましたが、

「 1記事書いたところで、よっぽど濃い濃すぎるほどの内容になっていない限り、いきなり検索上位に食い込むことはできません。 」

それはつまり、

「濃くて濃くて濃すぎるほど価値のある内容になっていれば、たとえ1記事でもいきなり検索上位に食い込む可能性はある。」

のです。

 

SEO施策として方法論を学ぶのも良いですが、より読者に寄り添った価値ある記事を書くことが、検索上位表示のためには最重要です。

 

 

シェアする