Twitterスペースの開き方!簡単に音声配信できちゃう!

Twitterの音声配信・会話ができる「スペース」ってどうやるの?

Twitterスペースってどんなことができるの??

 

この画期的なスペース機能を使えば、Twitterの利用価値や世界がとても広がりますよ!

それでは使い方などを見ていきましょう~☆☆☆

 

Twitterスペースとは

スペースは、Twitter上でリアルタイムに音声会話ができる無料サービス。

基本的にすべて公開のもとに行うシステムとなっています。

それはまるで生放送のネットラジオのようであり、

音声チャットのようでもあります。

 

誰でも気軽に聴くことができ、退出も自由です。

スピーカーとして話すことをリクエストもできるので、ホスト役の人と会話したり複数人でわいわい喋ったりもできる、そんな便利機能なのです!

 

Twitterスペースの使い方

Twitterスペースの使い方は、超カンタン!

この投稿用の「+」ボタンを長押しすると、こんな表示が出てきます。

そのうちマイクの形をしたボタンが、Twitterスペース。

これをクリックすると、「スペースを作成」というページに進めます。

これからはじめるスペースの名前をつけたり、公開するトピックを選んだりできますよ。

「スペースを録音する」の項目をONにすると、生放送だけでなく録音をあとで聴いたり公開することもできます!

「今すぐ始める」のボタンを押せば、スペースが開始されます。

その右のスケジュールボタンでは、1件の開始スケジュールを管理できるようになっていて、放送開始前にプッシュ通知などのアラートを受けとることができます。

 

簡単に録音スペースを公開できる

放送終了後は、このようにアナリティクスを確認することができます。

そしてこの音声データ、「スペースを録音する」をONにしていた場合は、放送終了直後からその録音音声をツイートにて公開することができるのです。

これは画期的な機能なのでは!?

生放送にはタイミングが合わなかったユーザーさんも後で聴けるので、「聴き逃したぁぁぁ…」とショックを受ける必要はありません。笑

 

こんな感じで、ツイートに貼りつけることができるんですね。

これにより、さらにエンゲージメントを高めることができますね!

より多くの人に届くわけです。

 

条件付きで収益化も可能

Twitterスペースは、チケット制による収益化を図ることもできます。

どんな可能性のある機能なのでしょうか?

ライブイベントとして、また交流の機会として、とくにロイヤルティの高い場を提供する目的が強いようですね。

 

チケット制スペースを開くには一定の条件があり、すべての項目を満たす必要があります。

条件とは、

・18歳以上であること。

・フォロワーが1000人以上いること。

・直近30日間でスペースを3件以上ホストしていること。

この条件をすべて満たすことで、チケット制スペース開催を申し込むことができます。

 

チケット制スペースの流れは、こんな感じですよ。

まずはスケジュールします。

日時を決め、チケット枚数と価格を設定します。

 

次にチケットを販売します。

スペース作成後、ツイートで告知をしてチケット販売のスタート。

 

そしてスペース終了後に、収益を得られます。

スペース開催後の約1ヶ月半後に、指定口座に手数料を差し引いた額が入金されます。

まだあまり有料スペースが活発に開催されている様子は見られませんが、今後の発展がたのしみな機能のひとつですね!

 

ひとまずリスナーとして参加してみよう

いきなり自分がしゃべるのはハードルが高いなぁ…

収益化など、まだまだ遠い話だ…

という場合は、まずリスナーとして参加してみるのが良いと思います。

このようにタイムラインの一番上に紫色で表示されているのが、Twitterスペース。

どれを聴きたいのかを選んで「聴いてみる」をクリックしたら、音声を聴くことができます。

自分の声はだれにも聞こえないので安心してください。

 

話したいときはホスト役にリクエストをして、スピーカー権限を許可してもらいます。

そしてマイクボタンをONにすれば、会話に参加もできますよ。

 

まずはリスナーとして聴いてみて、

次にスピーカーとして会話に参加し、

いずれホストとして自分でTwitterスペースを立ち上げてみる。

こういう流れで、ぜひTwitterの音声機能「スペース」を利用してみてください!

 

そして僕ぼっくりのTwitterフォローもよろしくお願いします!

 

Twitterスペースで、よきSNSライフを~♪

Twitterスペース

 

 

タイトルとURLをコピーしました