Twitterの140文字縛りで自分をブランディングする方法。

Twitterはもはや「つぶやく」ツールではありません。

自分のブランディングの要素として、大きな価値があります。

「…いやいや、たった140文字で何が伝わるんだよ。」

 

違いますね、我々はブロガーです。

文字で勝負しているわけですから。

本気で140文字と向き合う意味と価値、あったんですよ。

 

ブロガーにTwitterはブランディングツールとして必須、言い切ります。

さて、それはなぜか。

 

フォロワー数を増やす意味。

Twitterをやってると、やたらと「フォロワー○○○人達成!」とかの投稿を見ますが、あれには意味がないんです。

というか、フォロワー側からしたら「大事なのソコかよ…」と一気に冷めます。

そんなのいちいち言わなくていい。笑

 

数の意味。

じゃあフォロワー数に意味がないかというと、そうではありません。

それは多ければ多いほど、自分の発言が多くの人に届きやすくなるから。

そしてフォロワー数は多ければ多いほど、信用を得られやすいのも確かです。

 

結果として、フォロワー数はセルフブランディングの一要素になります。

 

ただ、数だけが多いことに意味はなんです。

自分の発言が届きやすくなるとはいえ、届けたい対象に届かないと意味がないですよね。

届けたい対象じゃないと、響きませんよね。

 

自分の発信を届けたい対象を決め、そこに響く発言をする。

対象を絞って発言するから、言葉がより深く刺さり、深くて濃いファンがついてくれるわけです。

 

相互フォロー

相互フォローします!とか、

こちらからフォローして、フォローされなければ解除するとか、

意味ないわけです。

ただ数字だけが伸びても、関係性のうっすーい人の数でしかない。

 

共感を呼び、もっと読みたいと思われ、この人のことを知りたいと興味を持たれるような、そんな濃い関係の人数を積み上げることにこそ意味がある。

その上での相互フォローなら、価値がありますね。

フォロワーに関しては、まずは質、そして次に量です。

 

僕のアカウント

この記事を書いてる段階で、フォロワーさんは800人ほど。

「…ショボいwww」と言われても構わないんですよね。

なぜなら、濃いから。

そして伸びることが分かってるから。

ぜひフォローしてくださいね。

 

で、僕ぼっくり。

実名や仮名で、いくつかTwitterアカウントがあります。

仮名で趣味の発信をしているアカウントは、現在1万人弱。

実名で経営している飲食店のアカウントが、現在1千人強。

そして闇アカウントが200人くらい。笑

 

一応、その知見でもって綴っていきますね。

よろしくお願いします。

 

Twitterで自分をブランディングする方法。

ブランディングというと大げさに聞こえちゃうので、言い方を変えると「キャラクターを立たせる」ですかね。

じゃあなんで「ブランディング」って言葉使うんだよ!…ですって?

そんなもん、アクセスボリュームからキーワード選定してるからに決まってるでしょーが!

あんたもブロガーでしょ!?

(…冗談ですので流してね。笑)

 

さて、Twitterでセルフブランディング。

その方法を解説していきます。

 

一貫性をもたせる。

Twitterアカウントごとに、発信するテーマを決めます。

あれもこれも発信してはいけません。

 

たとえば、「英会話の独学」をテーマにしたアカウントで、

「東京郊外で食べたラーメン」のことを書かれても、英会話のことを知りたいフォロワーからすれば邪魔な投稿です。

そんなの見たくないわけですよ。

そんな発信は別のアカウントでしないと、逆効果です。

 

「投資」アカウントで「ハマってるアニメ」の発信をしない。

「釣り」のアカウントで「スキンケア」の発信をしない。

「カンタン手料理」のアカウントで「登山」の発信をしない。

フォロワーは離れます。

そしてあなたが何者なのかが薄まります。

必要に応じて、アカウントは分けるべきです。

 

テーマや対象読者をちゃんと決めて、ある程度は絞って、一貫性のある発信をする。

対象とする読者にとって価値のある発信をするべきです。

 

キーワードを込める。

アカウントを立ち上げた最初は、テーマとしている言葉を必ずツイートに込めること。

たとえば英会話なら「英会話」のワードをツイートに込める。

釣りなら「釣り」、投資なら「投資」などなど…

それにより、軸のブレない発信のクセがつきます。

慣れてくればこのワード縛りルールは外してもOKですが、最初はとても有効なので試してみてください。

 

内容の濃さが必要。

Twitter投稿が手軽だからって薄い内容のツイートを連発していては、フォロワーは離れます。

1投稿にちゃんと入魂して、ツイートする。

ポイントは、ブログと同様にキーワードを意識しながら、起承転結をしっかり詰めること。

詰め込むんだけど、詰め込みすぎると読みにくい、伝わらない。

「詰め込む、けど読みやすい。」を意識して書きつづけていると、一文の濃度の加減がわかってきます。

それが伝わって響いたとき、かならず良い反応がありますよ。

そのコツをつかんでいきましょう。

 

140文字をフルに活かす。

先ほど「キーワード」という言葉を使いましたが、Twitterもブログと同じなんですね。

おなじ文字メディアなので、読者が自分の発信にたどりつく経路も似たものがあります。

ワード検索であったり、そのワードや内容から類似する投稿を「おすすめ!」提案されて、選んで読むような。

なにせ文字メディアは、文字でもって辿って来られるわけです。

 

人が辿ってこられるワードをできるだけ多く詰める、引っかかりを多くする。

ぎっちりとキーワードを詰めつつ、自然で読みやすい文章を書く。

これ、何かというと…

ブログでいう「冒頭の導入文」と同じなんですね。

そんな導入分のトレーニングとしても、Twitter140文字ぎっちり投稿はおすすめです。

 

注目を集めたツイートの分析

10投稿しても、良い反応のツイートは多くて1つくらい。

そんなことぐらいで、イチイチくじけない。

 

ほぼ全てスルーされるけど、たまに引っかかってくれるヒットがある。

さぁ、それはなぜ?と試されてるんですよ。

その能力、そのままブログに活きますからね。

 

たった140文字のなかに答えがあるので、共通点を見つけていけば良いわけです。

それは、

文章のテンポであったり、

「マジメ→マジメ→マジメ→オチ」の流れであったり、

グッサリ刺さる尖った言葉選びだったり、

ヒットした内容を切り口をかえて言ってみることだったり、

などなど、などなどなどなど…

 

要因は無数に見つかってきます。

それを会得することは、ブログなど普段のライティングにものすごく活きるんですよね。

 

そうしてフォロワーさんに響くツイートが多くできるようになれば、おのずと自分のブランドは強化されていきます。

 

拡散される投稿を。

上に類似して、拡散されやすい投稿というのも見えてきます。

すると飛躍的にフォロワー数が伸びたり、発見されやすくなったり、効果が大きい。

いつも拡散されやすさだけでツイート文を考えていると、ちょっとウルサいんですけどね。

拡散されやすさを少しだけ意識に置いておけば、いいバランスで拡散されるツイートが生まれます。

 

このへんのサジ加減がうまいですよね、インフルエンサーさんたちは。

…ただ、あまりにレベル上の人のマネばかりでは、正直ちょっと人はついてきません。

発言と現状があまり合っていないからですね。

 

人のマネをしていても自分のブランドは育たないので、やっぱり自分の言葉を育てるべき。

 

SNSでの影響力はブランディングに不可欠。

ブログだけで自分のブランディングをしていくことは、可能です。

だけど、届ける幅をSNSにまで広げたほうが、成功ステップを早められます。

これだけ人々が発信しまくっている世の中ですから。

それだけ情報の受け手もいるということです。

文字メディアで戦うと決めたブログでは、やはり同じ文字メディアであるTwitterへのリーチは外せませんしね。

 

基本的に相性のよい組み合わせ「ブログとTwitter」に積極的にチャレンジしてみる価値は、大いにあります。

それは自分というブランドを育てる意味だけでなく、文章のその先にいる「人」への意識を育てるトレーニングとしても最適だから。

率直に言って、ブログとあわせてTwitterもやるべきだと思います。

 

Twitter発信のあれこれは、ぜひ僕ぼっくりのツイートも参考にしてもらえらばと思います。

まあこのアカウントじゃないですが、フォロワー1万人くらいの人の発信力がこんな感じだと思ってもらえれば。笑

ちなみにアカウント開設から1ヶ月で800人超なんで、悪いペースではないです。

それ以上に、このアカウントはフォロワーさんの濃さがそろっていて良いですよ。

…自分で言うなって、ね。笑

ぜひフォローしてください!

 

 

タイトルとURLをコピーしました