ブロガーの息抜き設定はどうしよう。書く?書かない?

ずっと張り詰めて仕事と向き合うのは、やっぱりしんどいもの。

たまに背伸びと深呼吸をして、パソコンから目を離して遠くを眺めたい。

…でしょ?

えっ、まだまだいける??

ストイックぅ~。笑

 

実はここまで20年ほどブログを続けてきた僕ぼっくりですが、ほんと息抜きの連続です。

一度は年単位でブログから離れたこともありましたが、ブログは消さないかぎり辞めてないぞという理屈で20年にカウントしてます。笑

 

さて今回は、息抜き回にしようかなと。

どんなことが息抜きになるのかを考えてみたいと思います。

ただ息抜き回なので、盛大に脱線していっても修正しません。

悪しからずご了承くださいませ。汗

 

何をもって息抜きなのか?

さて、そもそも何をもって息抜きとするか。

まあ目の前のパソコンといま向き合ってるわけなんで、もちろんググってみますよね。

はい、「緊張を解いて、気分転換や疲れをとるために休むこと。」だそうですよ。

まあ自分の思ってる息抜きとだいたい一致してました。

「度肝をぬく息抜きのホントの意味!」とかなくて良かった。

ブログやってると、なんか勝手にこういうタイトルを頭に描くクセがつきますよね。笑

 

ちなみにこのブログタイトル「ぼっくりコム」の「ぼっくり」ですが、すんごい意味がありました。

それが気に入って命名したのです。

馴染みのある言葉なのに、ほとんどの人がその真意を知らない。

ぼっくりって、まさかキン○マのことだったなんて。笑

身近にあるそんな真実をえぐっていくブログになればなぁ、なんて想いでこの名前にしたのでした。

以来ずっとお気に入りのブログタイトルです。

ブログ書いてる人は、どうですか?ブログタイトルに愛着ってありますか?

 

ホントに息抜きしたいなら。

がっつり緊張を解いて、本格的に休むなら…

僕なら、旅行にいきたい。

おおきな自然を感じたり、自分の住む街と空気が変わったのを感じたいなぁ。

旅行ってみんな好きですよね?思い込み?

旅行好きな人の割合ってどれくらいなんでしょうね。

 

で、とあるブロガーさんのTwitterでステキなのを見たんです。

おそらくホテルの窓からの風景で、素敵すぎる港町の写真を載せてらして。

「がっつり癒やされた。またここに来れるようにブログ頑張ろう。」って。

おぉぉ…これイイなぁ。

って思ったんですよ。

 

旅行を目標にして、ブログがんばる。

いいですよねぇー。

僕の場合ブログがんばるって感じがちょっと弱いというか、楽しみで書いてるところが大きいので、ちょっと効き目のほどは分かりませんが。。。

でもどこかに旅行に行くことを決めて、それまで毎日欠かさずブログ書く!とかの目標っていいですよね。

旅行を原動力として生産し、積み上がった産物が今後をどんどん旅行に行きやすい状況にしてくれる。

いいサイクルですよね、こういうの素敵やなぁ。

 

僕はまだ北海道に行ったことがないから、やっぱり行きたい。

ちょっと時間をかけてでも、北海道をぐるり一周したいなぁ。

で多分僕の場合、ぐるり旅行中もブログ書くとおもう。

 

あれ?ブログからの息抜きではない?

いったい何から息抜きしたいんだろ。

 

いったい何から息抜きしたいんだろうか。

考えてみた。

でも意外とすぐ答えが出て。

「不安感から息抜きしたい」のです。

 

主にお金の不安から働いてるわけです。

今後どれだけかかるんだろうか、病気したらどれくらいかかるんだろうか、子供の学費養育費もまだまだかかるな、今のじゃぜんぜん足りないな、僕は飲食店経営者だけど店を維持発展させていくってホント大変だな、お金があればこうした不安はすべて解消するんだけどな…そんな感じ。

だから、たまにこの不安感から離れたい。

それが今でいう息抜きかもしれない。

 

ブログ収益化をめざして書いてきて、すこしづつ上手くいくようにはなってきたけど…

小規模で不安定なワンオペ飲食店経営が本業というところもあって、もうもはやブログ収入がメインだといえるほどまで育ってくれたら、やっと安心できるかもしれないな。

収益化を考えはじめて今で2年と2ヶ月。

やっと月6桁収益を安定して出せるようになってきたけど、コロナ不安をかかえる飲食店経営が本業なわけで、まだまだ安心感とは程遠い。

 

でもあまりお金お金と考えてブログは書いてるわけじゃなく、やっぱり読み手にとって価値のある記事になるだろうかと毎回考えてる。

こうして読者のことを第一に考えるようになってから収益が出はじめたので、きっと間違ってないんじゃないかな。

内心はやっぱりお金のためだったり、それがキッカケだったりするけど、キーボードと対峙するときは徹底的に読者のことを考えていこうと思います。

…はい、今回はかなりビミョーですけど。笑

 

短いスパンで息抜きを設定しよう。

脳裏を埋め尽くしている不安感からたまに離れられる息抜きを、もっと短いスパンで設定していこうかな?

たとえば週1や月1や年1のように、細かなスパンで息抜きしていこう。

頭がフレッシュなときって、言葉もポジティブになってくれますからね。

誰でも、ネガティブな言葉よりポジティブな言葉を聞きたいですしね。

 

息抜きを、週1から設定してみようと思います。

日曜日は頭をカラッポにして遊ぶ!にしてみようかな。

まあでも、そんな日であっても僕はブログを書きます。

ブログは頑張ってるわけでもなく、稼いではいるけど仕事でもなく、楽しいといっても一番の趣味というわけでもない。

習慣なんですね、たとえば毎日お風呂に入るような。

書かないほうが気持ちわるい。笑

だから、このペースを保とう!とかじゃなくて、このまま続けるだけ。

明日ももちろんお風呂に入るよ、という感じ。

これを続けていきます。

ただただ淡々と、淡々と。

 

これにはひとつコツがあるなと思っています。

それは、ジャンルの選定。

自分が日々取り組んでいることをメインのジャンルにすると、ネタ切れとかの心配がない。

でもやっぱり最初はすんなり決まらないもので。

だからまずは、おもいっきり雑記なブログを書く。

たくさん書く。

100記事は書く。

そうすると、そのなかでも書く頻度の多い題材が見えてきます。

それをひとまずメインのブログカテゴリーに設定し、その後も書き続ける。

また書く頻度の多い題材が見つかった。

それをまたメインのブログカテゴリーに加える。

で、このへんでジャンル選定をだいたい終了しちゃう。

よくある題材1、よくある題材2、その他の雑記。

これであなたのブログのジャンル選定は終了です。

 

ブログはやっぱり、書き続けられることが大事だから。

書く前に決められるならいいけど、そう簡単には決まりませんよね。

ジャンル選定ができないから書きはじめられないなんて、なにも進みません。

だから思いっきり雑記的に書きながら、あとでジャンル選定していくのが良いです。

この方法がホントにおすすめ。

 

カテゴリーごとの親和性はそれなりに考えますけど、書ける題材であることが第一です。

そうすると苦痛なく書けて、やっぱり上手くいきやすい。

息抜きの日にもブログ書けるようになるんじゃないですかね。

 

おっと脱線、脱線。

短いスパンでの息抜きの話ですよ。

 

週1と、月1と、年1の息抜きを設定しようかな。

週1は小さなお出かけ。

月1はちょっと遠くまでお出かけ。

そして年1で大きな旅行をしよう。

決めた!

 

あなたの息抜き、どうしますか??

 

 

タイトルとURLをコピーしました