SEO効果を高めるブログ見出しの書き方。構成にも応用可能。

SEO効果を高めるブログ内での見出しの書き方があります。

とても簡単なのですが確実に効果のある施策なので、ぜひ実践してもらいたいなと思います。

記事タイトルに比べると重要度は下がりますが、やっておいて損はないですよ。

 

 

サジェストワードを含める

記事を書くとき、まずはタイトルを考えるのがいちばん最初。

参考:読まれる記事タイトルの付け方

そのときに、狙うキーワードを選定していますよね。

メインで狙うキーワードと同時に、そのサジェストワード(関連語句)も調べています。

そのサジェストワードを見出しに使っていくことで、SEO効果を高めることができます。

 

読まれるブログ記事タイトルの付け方!SEOに効果的な方法。」の記事を例にしてみます。

まずは狙っていくメインのキーワードを「SEO タイトル」としました。

そのサジェストワードを調べます。

「SEO タイトル」と同時にどういった語句で検索されているのかを調べることで、読者のニーズを推測するのですね。

無料ツール、Ubersuggestを使ってみます。

Ubersuggestは1日3回まで無料で使えまして、それでも十分なのですが、課金することで制限なく使えるようになります。

私は無料の範囲でだけ使っていますけどね。

EcxelファイルとしてCSV出力することも可能ですよ。

こうして調べてみると、「SEO タイトル」のサジェストワードに「文字数」「付け方」「変更」などがあると分かりました。

調べたサジェストワードを見出しに使いつつ、他にも書くべき内容を見出しに加えて、記事の大まかな構成を作ります。

↓そうして出来た構成がこちら。

↑これで大枠はできました。

 

順序を整える

見出しを考えたら、読みやすい順序に整えていきます。

 

問題提起・記事のテーマ

結論

具体的方法・具体例

読者の抱くであろう疑問点に答える

ふたたび結論

 

このような流れになっていれば読みやすいのですが、ケースバイケースなので無視してもかまいません。

自然な流れで、実際に読んでみて良いなと思える順序にしてみてください。

そしてサジェストワードにこだわりすぎず、あくまで書くべきこと伝えるべきことを優先するのも大事です。

タイトルほどSEO効果があるわけではないので、内容を最重視しつつ、無理のない範囲でサジェストワードを含めてみてください。

 

そのまま構成にできる

見出しを考えることは、そのまま記事の構成を考えるのと同じです。

 

記事を作る順序は、

1.タイトルをつける

2.見出しをつける

3.見出しの順序や構成を整える

4.本文を書く

5.適宜リンクや画像を貼る

こうなります。

 

記事を作るうえで見出しの重要度は高く、記事構成そのものに直結しています。

サジェストワードから見出しを導き出したら、そのまま構成として使い、本文を書いていきましょう。

 

なぜ見出しにSEO効果があるのか

なぜSEO効果があるかというと、タイトルと同様にGoogleクローラーに「何についての記事か」を伝える役目があるからです。

タイトルは「H1タグ」内の記述として扱われ、検索エンジンに記事の内容を伝えるうえで最重視されています。

そして見出しは「H2タグ」として扱われるので、タイトルの次に重視されているのです。

H2が大見出し、H3が中見出し、H4以下が小見出しとして扱われていて、記事の内容や構成を検索エンジンに伝える役目があり、大きい見出しほど記事のメインの内容であると認識されます。

そしてもちろん本文中の語句も検索エンジンに認識され、総合的に判定されて検索表示順位が決まっているのですね。

見出しにサジェストワードを含めることで、検索ニーズに応えた記事であると認識してもらえるのです。

 

小手先SEOよりも内容が大事!

SEO効果を高める見出しの書き方をお伝えしてきましたが、読者にとって価値ある記事であることが最も大事です。

読者にとっての価値を最重視していくなかで、ここでお伝えした方法が合わない場合もあると思います。

その場合は、もちろん読者ファーストを優先してくださいね!

 

タイトルの場合は多少無理があっても狙うキーワードを含める必要がありましたが、見出しはそこまでキーワードを意識しすぎなくても大丈夫です。

あくまで内容重視、無理のない範囲でサジェストワードを含めてみてくださいね。

 

 

シェアする