ブログ初心者さんがやるべきこと、とにかく記事を書くこと!

ブログ初心者の段階でやるべきことは、とにかく書いて書いて書きまくること!

これは私が20年ブログを書いていて思うことです。

ブログのデザイン、アドセンス広告の申請、アイキャッチ画像さがし、リライトという名のただの校正…

ぜーんぶ後でいいです。

なんなら100記事くらい書いた後でいい。

 

妙にノウハウを頭につめこんでスタートする初心者さんが多いことに気付きまして。

「力点はそこじゃないよ!」とお伝えしたほうが良さそうなので、解説しますね。

 

記事は出さなきゃゼロとおなじ。

どんなに推敲をかさねた記事でも、記事の装飾やデザインにこだわっても、記事は投稿しないと世の中的にはゼロです。

存在していません。

ひとつひとつの記事にこだわるのは悪いことじゃないんですが、結果を求めてやっているならその方法では「超超超おそい」です。

ひとまず記事を世に放たなければ、その反響がまったく分からないからです。

 

私は20年前からブログを書いてると冒頭で述べましたが、そのなかで気付いた大きなこと。

それは、思いもよらないキーワードで検索してくる人が多いことです。

狙ったキーワードではなく、ぜんぜん違うワードに反応して検索してくる人がたくさんいること。

記事を書いて出すことによって、需要のあるワードが向こうからやってきてくれるのです。

そんな思いもよらなかったお宝ワードに対して、つぎは正面から記事を書けば…

そりゃアクセス集まりますよね。

 

書いて出さなきゃわからない。

どれだけカンペキな記事に仕上げようと時間をかけていても、世に出さなければ反応はまったく分からない。

ぜんぜん狙いと違うところで需要が見つかったりするもので、大きなアクセスや収益化につながることは多々あります。

今までどれだけ狙っていない不可解なワードが収入を生んできたか…

それこそ半分をこえる可能性があるくらい、ポッと向こうからやってきたキーワードが鍵を握っています。

 

最初は本当に最低限のブログデザインだけを決めて、はやく最低でも100記事くらいを投下したほうがいいです。

もしブログ収益化が目標なら、あなたの書きたいことよりも需要がどこにあるのかを考えるべき。

需要のあるところにこそ、お金の流れがあるからですよ。

そしてそれは本やインフルエンサーの投稿からどれだけ学ぼうとしても、自分のデータにはかないません。

なぜなら目の前のデータこそが、いちばん鮮度の高い、最新の需要だからです。

 

整いすぎている。

Twitterでブログ初心者さんのツイートを見る機会がふえて、気付いたこと。

それは、「記事投稿以外のことにこだわっている」こと。

ごめんなさい、ストレートにいうと…

「ほとんど誰も気にしない部分にこだわって、ブログが本質的に進んでいない。」

これが率直な感想です。

 

でもすごいんです、1記事1記事はとてもキレイで、整然としていて、読みやすい。

またごめんなさい、ストレートにいうと…

「読みやすくて印象に残らない。」

「デザインのキレイさに目がいってしまって、本題がアタマに入ってこない。」

こういうわけなんです。

 

すっごく勉強して、ノウハウしっかりためて、渾身の記事を書いてある。

それこそ1週間かけて書いたのかな、という出来映え。

でも、1記事なんです。

 

2時間でバババッ!と書いた記事も1記事、1週間かけてじっくり練って書いた記事も、おなじ1記事。

そして反響もおなじ1記事分。

しかも本当の需要はあとで見えてくるんだから…。

 

さらに言うとですよ、あえて荒削りの文章のほうが印象に残ったりするわけです。

がんばって勉強して、記事の構成を考え、あれだこれだと推敲をつづけ、時間をかけて1つ投稿するよりも…

キーワード選定とタイトル・構成をさささっと済ませ、トータル2時間で書いた荒い文章のほうが主張が伝わりやすかったりする。

それはなぜか。

ふと思い、友人に話しているような、そんな言葉の自然なリズムがあるからです。

あなたのアタマに浮かんだ言葉が、話すリズムで文章になっているからですよ。

考えぬくと、論文になっちゃう。

だからキレイで読みやすく、デザインも完成されていて、そして本題が右から左にヌケていっちゃうわけです。

論文は、日常的に見る文章としては向いてないんですね。

響きにくい。

 

あなたの普段の言葉のほうが、すっと入ってきます。

ほんと試しに、友人と話すように書いてみてください。

意図して崩すのではなく、自然に話している感覚で。

 

整いきった論文化しているブログが増殖している今、逆にこうして語りかけてくるブログのほうが読者に刺さります。

これホント。

雑な文章が「え…マジで?」というほどアクセスを集めることが、いままで何度も何度もありました。

推敲しすぎて、論文化しないようにしてください。

コツは、最低限「キーワード選定・タイトル・見出し」だけ考えたら、バッと書いてバッと出すことです。

書くスピードを高めると、話している文調になりやすいですよ。

 

デザインはほとんど関係ない。

先日コチラの記事でも書いたんですが…。

吹き出しやボックス、色ペン強調、動く文字、大きさの違う文字などなど…

イジればイジるほど、読みにくいです。

読むリズムがめちゃくちゃ乱されます。

文章の装飾は、ほんと最小限にしましょう。

書き終わったあとは「頑張った!」感にひたれると思いますが、頑張った分だけ逆効果ですから。

 

そしてブログデザインもそう。

時間のあるときにこだわってみても良いですが、ほぼそれはアクセスに影響しません。

読者は記事を見ている、もっというと文章を見ている、つまり求めているのは「情報」だからです。

デザインにこってりと時間をかけるより、1記事でも多く世に出したほうがアクセスは増やせます。

そしてアクセスが増えれば増えるほど、デザインがどうでもいいことが分かってくると思いますよ。

 

アタマでっかち。

Webデザインやマーケ、SEOなど、学べば活かせる武器になるのは確かなんですが、ブログの本質は文章です。

そして記事がより多く世に出ていることが、反響の大きさにつながります。

深く深く勉強するのも良いですが、それよりも記事投稿。

1記事書いたらチョロっと勉強、また次の記事に活かす。

また1記事書いたらチョロっと…この繰り返しが良いですよ。

 

がっつり一気に勉強してアタマでっかちになったら、その知識に縛られて身動きがほんとに遅くなります。

知識はちょっとずつ増やすほうがよくて、まず「書く」というブログの本質的な行動をしつつ、ちょっとずつ勉強していきましょう。

 

ブログの勉強は、このブログ「ぼっくりコム」でOKです。

有料情報商材とか買うのは悪くないんですが、重要なのはそのあとの行動です。

「これを買おう」と決めたらしっかり読んで、あとはやっぱり書くべし!なのです。

身動きできなくなるほど学ぶ意味は、そんなにありません。

最重要ないくつかだけのポイントを押さえたら、あとはやっぱり「書きましょう」。

しつこいようですが…

 

なによりも記事を投稿すること!

アドセンス申請だ、WordPressテーマ変更しようか、インフルエンサー○○さんの言うには…などなど。

良いですけどね、ブログで本当に大事なのは記事を投稿することです。

 

あとアドセンスは本当に本当に要りません。

本当に。

せっかく単価1000円以上の報酬を見込んだ記事たちが、たった単価20円の報酬にもっていかれます。

アドセンスないほうが稼げますよ。

(当ブログでは、たまに計測テスト表示させていますが。)

アドセンスの認否に一喜一憂する時間と手間がもったいないので、今すぐアタマから消し去ってOKです。

 

とにかくアレだコレだと云うまえに、まずは記事をたくさん投稿することが先。

記事をたくさん書くこと以外は、あとでやってもOKなものばかりです。

思うところがあっても、まずは文字数をふやしてブログのボリュームアップをしてからで良いです。

ブログの良いところは、書き直せるところ。

たくさん書いて集まったデータを見ながら、効率よく書き直すほうが結果にはやくつながりますよ。

 

これ20年の蓄積でホントに実感してることなので、信じてやってみてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました